|

千葉のFP相談(住宅ローン相談,住宅購入,マイホーム/マンション、沖縄移住)は、プロのFP集団「シェイクハンズ」に!

シェイクハンズ株式会社 - 千葉のFP相談(住宅ローン相談,住宅購入相談,マイホーム購入,マンション購入、沖縄移住相談)は、プロのFP集団「シェイクハンズ」に!
  • シェイクハンズとは
  • FPスタッフの紹介
  • サービス内容
  • 安心のご相談料
  • ご相談申し込み方法
  • FPコラム
  • 統計資料
  • 採用情報
沖縄移住をするなら沖縄移住専門ポータル「沖縄移住スタイル.com」

[ご相談対応エリア]
千葉市全域
市川市 船橋市 木更津市
松戸市 柏市   浦安市 
市原市 習志野市 八千代市
袖ヶ浦市 富津市 君津市
四街道市 佐倉市 などの千葉県全域
東京都、埼玉県などの関東近郊
まずは、お気軽にご相談ください。

FPコラム

2014年5月4日

■相続への備えについて(4)

○相続に付随する費用はどれくらい?

 前回は、納税資金について触れましたが、相続税が発生するかどうかに関わらず相続には付随費用がかかるのでそれはしっかりと考えておいたほうがいいです。相続に付随する具体的な費用は、下記の通りです。

≪相続税の発生の有無にかかわらず必要な費用のめやす≫
・葬儀費用(200万円)

*不動産を所有している場合
・不動産登録免許税
・不動産取得税
・司法書士手数料(30万円〜50万円)

≪相続税が発生する場合に必要な費用のめやす≫
*不動産を所有している場合
・不動産の測量費用
(30万円〜50万円。実績測量図100万円〜150万円)
・税理士手数料(30万円〜50万円)

 不動産を所有していて、相続税の申告をするときに長年測量が入っていなければ測量を入れる必要があります。さらにその不動産を売却しないと納税ができないというケースの場合には、実績測量図という詳細な測量図が必要になります。
 単純に相続によって財産を取得するといっても現預金が全くないとこういった費用にかかる分は、完全に持ち出しになります。その辺は非常に重要です。そう考えると保険は換金性が高く非常に早く現金が準備できます。

 実際に相続税を払う人は相続が発生した人のうち4.2%くらいです。ただ、今後は間違いなく増えます。
 これは小規模宅地の評価減の租税特別措置法の改正と平成27年からの相続税の基礎控除の減額により今までは課税対象にならなかった人たちが課税対象になるためです。
 相続税が発生するかどうかにかかわらず元気なうちから自分の資産をどうするのかをイメージし、残された家族がいざこざを起こしたり、納税資金や相続にかかる費用が準備できなくて困ったりしないように対策をたてておきましょう。

 シェイクハンズでは、相続に関するご相談を承っています。

詳細はこちら


終わり

←FPコラムの全記事はこちらです