|

千葉のFP相談(住宅ローン相談,住宅購入,マイホーム/マンション、沖縄移住)は、プロのFP集団「シェイクハンズ」に!

シェイクハンズ株式会社 - 千葉のFP相談(住宅ローン相談,住宅購入相談,マイホーム購入,マンション購入、沖縄移住相談)は、プロのFP集団「シェイクハンズ」に!
  • シェイクハンズとは
  • FPスタッフの紹介
  • サービス内容
  • 安心のご相談料
  • ご相談申し込み方法
  • FPコラム
  • 統計資料
  • 採用情報
沖縄移住をするなら沖縄移住専門ポータル「沖縄移住スタイル.com」

[ご相談対応エリア]
千葉市全域
市川市 船橋市 木更津市
松戸市 柏市   浦安市 
市原市 習志野市 八千代市
袖ヶ浦市 富津市 君津市
四街道市 佐倉市 などの千葉県全域
東京都、埼玉県などの関東近郊
まずは、お気軽にご相談ください。

FPコラム

2013年8月14日

■マイホーム購入時のチェックポイント(2)

○消費税増税の影響について

 参院選が終わり税制の方では、2014年3月末までに住宅の引き渡し完了か注文住宅の場合には、9月30日までの工事請負契約でなければ消費税は現行の5%にはならないということになり、駆け込み需要が増えています。
 消費税が5%から8%に上がれば、単純にプラス3%分金額的に損がでます。


 たとえば一戸建で建物金額が2,000万なら消費税が3%上がると60万円の差が出ます。それだけではなく家具や家電、引っ越し費用にも消費税がかかるので、トータルで100万円位は増えるかもしれません。しかし、これは四角四面な考え方です。メーカーに100万円値切ってもらえば解決する話です。決算発表などから、ある程度規模のあるハウスメーカーの利益率はおよそ30%ることがわかります。売上高に占める営業利益を30%も残せているなら増税分の100万円位(3%くらい)メーカーが値切っても黒字になりますね。


 不動産価格は、最たる例で各社横並びなのでどこか一社が「消費税増税でも実質的に値上げをしません!」と声をあげるところは間違いなく出ます。民間業者ですから消費税増税によるメリットはハウスメーカーにはありません。今、駆け込み需要が起きているといずれは買い控えの反動が起きるでしょう。ただ、駆け込みで買った人からクレームがくるので、すぐには値下げしないと思いますが、時間が経てば必ず値下げします。それだけの伸びしろをほとんどのメーカーが持っているわけです。
 特に中古物件の売買については、消費税分を考慮して物件価格がさらに安くなると考えられるので、まず価格は変わらないであろうと予想できます。


 つまり、買い時はいつか?今じゃない!後です!


 前回にも述べたように出来るだけ頭金を増やして金利を余計に払わずいかにして返済額を減らすかというのが基本の考え方です。


 結果的に消費税増税前に焦って買っても100万円〜200万円位の差です。その分値引きしてもらえればいいのです。きちんと計画を立てないで焦って高値のものをつかむのはいけません。さらに予算オーバーになり、普通の銀行ではローンの審査が通らずフラット35で借りるとなると金利が高くなります。融資は受けられますが、金利が1%くらい高くなります。予算オーバーで総支払額が500万円増えると借入額が3,000万なのに3,500万借りてしまっていることになります。すると総支払利息は300〜400万増えてしまいます。本当にお得でしょうか?
 それなら、消費税増税後でもきちんと計画を立てて3,150万円だった物件を3,240万円で買った方が健全ではないでしょうか?


 消費税増税の影響は、まず考えなくていいです。自動車もそうですが、消費税導入時や増税時に駆け込み需要で騒がれましたが、メーカー側の完全なる戦略でしょう。
 消費者の方が間違いなく有利ですから焦らず十分に計画を立ててから購入しましょう。

続く

※次回は金利タイプの選び方です。


←FPコラムの全記事はこちらです