|

千葉のFP相談(住宅ローン相談,住宅購入,マイホーム/マンション、沖縄移住)は、プロのFP集団「シェイクハンズ」に!

シェイクハンズ株式会社 - 千葉のFP相談(住宅ローン相談,住宅購入相談,マイホーム購入,マンション購入、沖縄移住相談)は、プロのFP集団「シェイクハンズ」に!
  • シェイクハンズとは
  • FPスタッフの紹介
  • サービス内容
  • 安心のご相談料
  • ご相談申し込み方法
  • FPコラム
  • 統計資料
  • 採用情報
沖縄移住をするなら沖縄移住専門ポータル「沖縄移住スタイル.com」

[ご相談対応エリア]
千葉市全域
市川市 船橋市 木更津市
松戸市 柏市   浦安市 
市原市 習志野市 八千代市
袖ヶ浦市 富津市 君津市
四街道市 佐倉市 などの千葉県全域
東京都、埼玉県などの関東近郊
まずは、お気軽にご相談ください。

FPコラム

2013年8月1日

■マイホーム購入時のチェックポイント(1)

○マイホームの買い時は、いつ?

 「マイホームの買い時は?」というのは、今までもさんざん言われてきました。住宅ローン控除の制度の内容は目まぐるしく変わっていて、当初は控除期間が3年だったものが5年になり6年になり3年になって10年になってと長くなったり短くなったり、また限度額も変わっています。平成13年から15年頃、「住宅ローン控除が少なくなるからマイホームを買った方がいい」と言われていた時期がありましたが、結局その時に買ったから得だったかというと大きな損も得もないのが現状です。
 マイホーム購入は間違いなく一生で一番高い買い物ですから、それを些細な事情で焦って買ってしまうのはもったいないです。十分な準備をせずに予算をオーバーして買ってしまったら本当に得でしょうか?


 以前に「年齢的に35年ローンがもうすぐ組めなくなってしまう」というご相談がありました。最終返済が79歳で35年を引いて44歳までにマイホームを買わないと住宅ローンが組めなくなるということです。35年で住宅ローンを組むことを前提としているのが果たして正しいのでしょうか?まずは、そこから考えないといけません。そもそも住宅ローンの返済期間が最長35年になったのはいつかというとそんなに古くなく10年前位です。それまでは最長30年でした。20年前なら住宅ローンの返済期間は、20年で組んでいた方が多数でしたのでどんどん長くなっています。つまり、返済期間が長い分だけ金利を多く払うようになっているということです。インフレで物件自体の価格が上がっているのにさらにローンの年数も長くなっているということは返済の合計額が格段に増えているということです。


 FPの立場からのアドバイスとしては、35年ローンが組めなくなるから焦って買うのではなく、少しでも頭金をためて5年後に30年ローンを組む方が健全ですから、そちらを目指しましょうということです。


 マイホームが今どうしても必要なのかどうか?そこにこだわるべきです。

続く

※次回は消費税増税の影響についてです。


←FPコラムの全記事はこちらです